着物に付属されている事もある証紙や証明書は買取時に必要なのか

着物買取では着物に付属されている証紙や証明書があると高額査定の対象になるので紛失しないようにしたいですね。万が一証紙や証明書を紛失した場合でも着物は買取してもらえるのでしょうか?

 

証紙や証明書があるのとそうでない時の違いについて調べていきましょう。

 

期待外れの着物買取?

 

着物は高価なものというイメージがあるので、買取してもらう際には高い価格で売れると期待するかもしれません。柄が素敵で色使いも際立って美しければ、きっとそう期待してしまいますね。

 

ところが実際に着物の買取をお願いすると期待していたほどの価格が付かないことがあります。

 

染みや汚れがあって古い着物であれば納得がいきますが、見た目が良く保存状態も良い着物であれば納得いかないことでしょう。正絹で品質が良く購入時はとても高かったのになぜ?と意外に思いがっかりしてしまいますね。

 

実は高額買取にならないのはある用紙がないためかもしれません。その用紙とは着物に付属していることがある証紙や証明書です。購入したときにもう要らないと思い処分してしまうと買取の時に後悔することになってしまうでしょう。

 

着物の証紙や証明書について

 

質の良い高級な着物を購入すると証紙や証明書が付いてきます。

 

証紙とは織物工業組合が発行している用紙で、着物の産地つまり織り元が記されています。証紙や証明書は着物の品質や価値を証明するもので、その着物が本物であることを示しています。

 

着物は正絹であれば高い価値がありますが、証紙には正絹シールも付いていて、それがあると生地の品質が信頼できることが証明されます。伝統工芸作家品の着物であれば、証紙に伝統工芸品マークが付いているでしょう。

 

高級な着物には必ず証紙や証明書が付いているわけですね。

 

着物の生地である反物から仕立てをしてもらい着物を購入した際、たとう紙の中に生地のはぎれと一緒に入っています。たとう紙とは着物をたたんでしまっておく時に使う包み紙のことですが、証紙はその中に入っているので確認してみましょう。

 

証紙や証明書がない場合買取は可能か?

 

ほとんどの着物買取店では、証紙や証明書がなくても着物の買取をしてくれます。

 

しかし証紙がないと残念ながら着物の価値は下がってしまい、買取価格もそれほど上がらないでしょう。ですので買取を依頼する前にもう一度よく探してみることができますね。

 

買取された着物はリサイクル品として販売されることがほとんどです。買取店は証紙や証明書がない場合でも着物の価値が分かるかもしれませんが、やはり証紙があるのとないのとでは違います。

 

リサイクルとして着物を売る際、購入する側に着物の知識がないとすれば、証紙を見てその着物の価値を知ることができるからです。そのため買取店としても証紙や証明書があったほうが、安心して高く売ることができるのでほしいわけなのですね。

 

高額買取を期待するなら証紙や証明書はなくさずに大切に保管しておきましょう。

 

信頼できる査定員に鑑定を依頼しよう

 

一般に着物買取店には着物の専門知識を持つ査定員がいます。

 

査定員は長年の経験を持つベテランなので、着物を見ればその生地や品質について価値があるかどうかを見分けることができます。仮に証紙や証明書を紛失してしまったとしても、ベテランの査定員であれば着物の価値を理解し比較的高額で買取してくれるかもしれません。

 

また着物の査定価格は買取店によっても異なります。いくつかの買取店に査定を依頼して買取価格を比較してみることもできますね。ほとんどの買取店は査定を無料で行ってくれますし、買取を中止してもキャンセル料を取られることもありません。

 

宅配買取や出張買取、店頭買取などさまざまな便利な方法で買取をしていますので利用してみることをおすすめします。信頼できる買取店は手数料もすべて無料なのが嬉しいですね。

 

着物買取店を利用するメリット

 

着物の証紙や証明書がないからといって買取を諦めなくても大丈夫です。

 

ただしリサイクルショップに着物を買取してもらうなら、買取価格が下がってしまうかもしれません。リサイクルショップはさまざまな品目を取り扱っているので、着物に精通した査定員はいないでしょう。

 

特に証紙や証明書がない場合は、高級な着物でも価値を分かってもらえないことがあります。

 

一方、着物買取店では証紙や証明書がなくてもきちんと査定が行われ価値が評価されます。残念ながら証紙がある場合に比べると買取価格は下がりますが、それでも品物の価値に見合った満足できる買取価格を提示してくれるかもしれません。

 

着物買取店で買取を依頼するメリットはたくさんあるので、自宅にある不要になった着物は買取店で査定してもらうのはいかがでしょうか?

 

着物の証紙や証明書があるなら査定価格に影響を与えるので必ず提示しましょう。紛失してしまった場合は信頼できる買取店を選び査定してもらうなら安心ですね。