将来買取する予定がある着物の正しいお手入れ方法について

将来的に買取してもらうことを予定している着物は正しくお手入れをし、着物の価値を下げないようにしたいですね。着物をしまいっぱなしにしていると生地が傷みやすくなり劣化してしまいます。着物の手入れの仕方については意外と知られていませんが、ここでは正しいお手入れ方法についてみていきましょう。

 

着物は劣化する?

 

洋服の場合、日に当たったり洗濯を繰り返すうちに色あせることがあるかもしれません。

 

しかし何年もしまいっぱなしにしていたせいで劣化してしまった、と感じることはほとんどないでしょう。

 

着物の場合は洋服とは違い、しまいっぱなしにしておくと劣化してしまうのをご存知でしょうか?着物のほとんどは正絹のものですが、絹は動物性繊維で非常に繊細です。保管状態が良くお手入れがきちんと行き届いているなら長持ちしますが、正しく保管されないと早い段階で劣化してしまうのです。仮に見た目に劣化している状態が分からないとしても、着用した時にそれは明らかになります。刺繍糸の部分が剥がれたり、縫い目の糸が切れてしまうことがあるので、そうなるともう着用できなくなってしまいます。

 

大切な着物がこれからも使用され続けるためには正しいお手入れが必要です。

 

着物の着用後にするお手入れ

 

着物は短時間しか着なかったとしても、すぐにタンスにしまうのではなく吊るして干すことが必要です。脱いだ直後には目には見えないとしても、着物に付着した汗は時間が経つと黄ばみになることがあります。汗にはタンパク質やアンモニアも含まれるので、匂いが染みついてしまうこともあります。

 

汗に含まれる分泌物は虫を寄せ付けるので、着物に虫が付く原因にもなるんですね。

 

着物を脱いだ後は長襦袢と共にハンガーに掛け、直射日光が当たらない所に吊るします。

 

湿度の低い風通しの良い場所を選んでください。一晩吊るしたならハンガーから外し、きれいな布やタオルなどで丁寧にほこりを落とします。汗が付着した部分は、濡らしてから絞ったタオルでよく拭き取り再度吊るして風を通します。強く擦ると生地を傷めるので優しく拭き取るようにしましょう。

 

着物の収納場所について

 

着物は湿度が高い場所にしまうと、カビが発生したり虫が付く恐れがあります。そのため湿気から着物を守る必要がありますが、保管場所に一番適しているのは桐タンスといわれています。

 

桐は高い防湿効果があり、そのうえ害虫の侵入を防いでくれるので着物を長持ちさせるのに理想的な保管場所と言えるでしょう。

 

ただし桐のタンスは重さがあって簡単には動かせないので、現代ではもっとコンパクトな収納ケースが好まれています。

 

プラスチックの衣装ケースに収納しても問題ありませんが、乾燥剤を一緒に入れておくのが良いでしょう。虫を防ぐために防虫剤を入れることもできますが、揮発した防虫剤の薬剤が正絹の着物を傷める可能性があります。そのため防虫剤の入れ過ぎを避け、収納ケースに一つだけを入れるようにしましょう。

 

着物と直接触れないようにも注意してください。

 

虫干しの方法

 

虫干しとは、着物をタンスから出し吊るして湿気を取り除くことです。虫干しをすると湿気や害虫から着物を守ることができるので、年には一度行うようにしましょう。

 

湿度の高い梅雨が明けた、7月から8月に虫干しをするのが効果的です。よく晴れた湿度の少ない日に、直射日光の当たらない場所に半日程着物を吊るします。風通しの良い部屋の中に干すことで、湿気が除かれ着物は清潔な状態になります。着物や長襦袢は裏返しにして干します。

 

年に一度虫干しをする以外にも、時々タンスや衣装ケースのふたを開けて風通しをすると良いでしょう。

 

一般に着物はたとう紙に入れて保管するのが最適です。着物はたたんでしまいますが、長い間そのままにしておくと折り目が摩擦で劣化することがあるので、折り目に和紙をはさんで生地の劣化を防ぎましょう。

 

買取時に重要な着物の保存状態

 

将来着物の買取をお考えでしたら、自宅にある着物の保管状態を確認してみましょう。

 

買取された着物のほとんどはリサイクル品として販売されます。そのため買取時には着物がきれいな状態であるかが査定のポイントとなります。

 

染みや汚れがあったり、シワができていたりカビ臭のような匂いが付いていては買い手が見つかりません。買取店としては、少しでもきれいで新しい着物を買取たいと思っているわけですから、着物を正しくお手入れしきれいな状態にしておきたいですね。

 

一般に高額買取が可能になるのは新品のものや、製造年が10年以内の比較的新しい着物です。

 

しかし古い着物でも保存状態が良く染みや汚れがない着物は高額買取されることもあります。古い着物でもまだまだ価値はあるので、なるべくきれいな状態にして査定をしてもらいましょう。

 

着物は正しいお手入れや保管によって長持ちするかが決まります。湿気や害虫を防ぎ着物を正しくお手入れすることで、いつまでも着物の価値を守っていきましょう。